エアロゾルの大きさにびっくり!?東京のコロナ感染者急増や空気感染の可能性について

エアロゾル

エアロゾルの大きさってどれくらいだと思います?空気中を漂うのは短時間という声もあれば、マスクをすり抜けるほど小さいという声もあります。ここではコロナウイルスがエアロゾル感染するのかどうかを含め、エアロゾルの大きさについて詳しく調べてみました。

エアロゾルの大きさはどれくらい?

エアロゾルについて調べてみると、大気中を浮遊する小さな液体または個体の粒子とのことで、その大きさは分子やイオンとほぼ同じ大きさの0.001μm(マイクロメートル)。1メートルの10億分の1の大きさということが分かりました。

こんなに小さいとサージカルマスクなんて簡単にすり抜け役に立たないはず。実際のコロナウイルスの大きさは100ナノメートル(1メートルの1万分の1)ですが、これでも十分に小さく空中を浮遊することも可能な大きさです。

医学的にはコロナウイルスがエアロゾル感染するということは立証されていないそうですが、万が一のことを考えて空気感染をする可能性もあると考えてもいいかもしれません。

広告

エアロゾルはマスクを通過する?

エアロゾルの大きさは0.001μm(マイクロメートル)で、この大きさは多くの人が利用しているサージカルマスクを通過してしまいます。では、コロナウイルスはどうなのかというと、コロナウイルスはマスクの目よりも小さく通過することができます。

サージカルマスクよりも高性能なN95マスクもありますが、これでも完璧に防ぐことができないくらい小さいのでマスクをしていても感染する可能性はあるということになります。

しかし、N95マスクは高価で手に入れにくく、マスクを付けても息苦しく長時間使用には向かないため、そこまで拘る必要はないでしょう。人が密集している室内、待合室などでマスクをすることを心がける程度の意識でよろしいかと思います。

コロナウイルスの大きさよりも注意すべきこと

前述した通り、マスクをしてもコロナウイルスの侵入を完璧に防ぐことは難しそうです。それよりも注意すべきは自分の体力や免疫力を維持することです。

現時点ではコロナウイルスの予防接種も特効薬も存在しません。ですから自分の免疫力を維持し高めていくために十分な睡眠と食事をする必要があります。

さらに徹底すべきなのが手洗いです。外出して帰宅したら必ず石鹸を使って手洗いをすること。目安は30秒で「もしもしかめよ、かめさんよ・・・」と歌を歌いながらだとちょうど30秒になるそうです。

また、うがいはあまり効果はなく、それよりもこまめに水分を取り、喉の粘膜を洗い流すほうが効果的だそうです。

参考になったらシェアしてくださいね!

なおと

うつ病の母との暮らしで溜まった鬱憤解消の一つとしてブログをはじめました。在宅ワークしてるので、ネット上の情報に関する個人的意見もつぶやいていきます。

おすすめ