グーグルアドセンスでads.txtファイルが設置できない?「要注意-収益に重大な・・」が出た時の対処法

グーグルアドセンス

今回はグーグルアドセンスでどうしてもads.txtファイルが設置できないという方へ向けた記事です。ネット検索しても私と同じような対処法は見つけにくかったので、ワードプレスを使っていてads.txtファイルが設置できないという方は参考にしてみてください。

グーグルアドセンス管理画面で「要注意・・・」と出る不具合

グーグルアドセンス

上のキャプチャのように管理画面上部に「要注意-収益に重大な影響が出ないよう、ads.txtファイルの問題を修正してください。」と表示されることがあります。

「グーグルアドセンス 要注意」や「グーグルアドセンス ads.txt」でネット検索してみると、ads.txtファイルをアップロードすればいいとありますが、アップロードしてみても「エラー404 ページが見つかりません。」と表示されて解決することができません。

私の場合、ロリポップレンタルサーバーでワードプレスを運用しています。これがエックスサーバーだと解決策もあるようなのですが、ロリポップサーバーの対処法は見つけることができませんでした。

広告

グーグルアドセンス不具合の解決のカギはプラグインだった!

この不具合はロリポップサーバーでワードプレスを使っていることが原因だと思います。他の解決策を探していてなんとか見つけたのが「Ads.txt Manager」というWordPress.orgの公式プラグイン。

このプラグインはワードプレスの管理画面からads.txtファイルを作り出すというもので、以下のページからダウンロードすることができます。

Ads.txt Manager

上記ファイルをダウンロードし、zipファイルのままアップロードして有効化すればads.txtのページを作ることができます。有効化した後に「設定」をクリックすると「Ads.txt」があるはずです。

グーグルアドセンス

このAds.txtの中にグーグルアドセンス管理画面からダウンロードしたads.txtの内容をそのまま貼り付ければOKです。

グーグルアドセンス

念のためワードプレスのアドレスにads.txtを付けてページがちゃんと表示されるか確認してみてください。

ads.txtファイルが表示されない原因

インターネット上でホームページなどを表示する場合、大きく分けてHTML形式とPHP形式で表示する方法があります。HTML形式は静的サイトと呼ばれていて、比較的簡単な仕組みで表示することができます。

それに対してPHP形式は動的なサイトと呼ばれていて、ホームページを自動生成して表示しています。ワードプレスはPHP形式なので、無理やりHTML形式のページを表示しようとすると不具合が起きてしまうのです。

エックスサーバーだとサーバー側の設定でHTML形式のページを作成できるようですが、ロリポップサーバーの場合は上記の方法で解決することができます。

参考になったらシェアしてくださいね!

なおと

うつ病の母との暮らしで溜まった鬱憤解消の一つとしてブログをはじめました。在宅ワークしてるので、ネット上の情報に関する個人的意見もつぶやいていきます。