スイカの栄養すごすぎ!食べ過ぎや妊娠中の注意点についてもご紹介します

スイカ

みずみずしくて美味しいスイカですが近年はスイカの栄養が見直され、女子力アップに効果的ということが分かってきたそう。女子力アップの栄養満点のスイカですが食べすぎには注意が必要です。

さらにスイカの栄養価について考えてみたり、妊娠中の妊婦でも大丈夫なのか?熱中症対策になるのかなど気になる情報を調べてみました。

スイカにはこれだけの栄養が含まれています

スイカの中に含まれる栄養にはカリウム、ビタミンB6、葉酸、マグネシウム、銅、モリブデン、シトルリン、リコピン、ビタミンC、βカロテンなどさまざまな栄養が含まれています。スイカの中身の90%以上が水分でできているのでスポーツドリンク代わりに飲むことも可能。スポーツドリンクとして飲む場合には塩分を少しだけ追加しましょう。

広告

スイカの栄養効果について

スイカの栄養効果として女性に嬉しい効果が「むくみ改善」や「美肌効果」など。むくみなどは血液循環が悪くなり、水分の流れが止まって留まることでおこるものですが、スイカの利尿作用でむくみ改善を期待することができます。

また、スイカに含まれるリコピンやβカロテン、ビタミンCなどの抗酸化作用で活性酸素の増加を抑え、老化予防や病気の予防に期待でき、シミやシワの予防など美容効果まで期待することができるでしょう。さらにスイカにはデトックス効果もあるので、ダイエット効果も期待できるかも?

スイカの食べ過ぎには注意が必要

ここまでスイカの嬉しい効果をお伝えしてきましたが、そんなスイカにも弱点はあります。それがたべ過ぎには注意が必要だということです。

スイカには身体を冷やす効果もありますから、食べ過ぎてしまうとお腹を冷やしてしまうことに。お腹がゆるめの人は常温でスイカを食べるようにしましょう。お腹を下してしまったら脱水症状になる可能性もでてきますから。

また、スイカにはカリウムも多く含まれているので腎機能の弱い人は注意しましょう。もし、スイカを食べ過ぎてしまうと血液の中にカリウムが溜まってしまうこともあるそうです。特にカリウム摂取制限のある人はお医者さんの指示にしたがいましょう。

広告

妊娠中にスイカを食べるのはNG?

スイカを妊娠中に食べるのは良くないと聞いたことはないでしょうか。スイカには身体を冷やす効果があることから良くないと思われがちですが実はそうではありません。

もちろん食べ過ぎはよくありませんが、スイカに含まれるシトルリンは血液をサラサラにする作用があるので妊娠中には良い食べ物と言えます。また、抗酸化作用のあるリコピンやビタミンも含まれているのでお肌の急激な衰えを抑えることもできます。

妊娠中にスイカを食べてはいけないとうことはありませんが、一日に多くても200グラム程度と考えておきましょう。妊娠中は胃腸の働きが敏感になっているので過剰に摂取すると思わぬ体調不良になる可能性もあります。

スイカのカロリーを調べてみた

スイカのカロリーを調べてみたところ、小サイズ1玉で380Kcalということが分かりました。これは食べられない部分を除いたカロリーになりますが、以外にカロリーは高くないようです。

糖質については94.0g(一食1/8カットで11.8~34.7g)ほどあるようですが、これは他の果物に比べてそれほど高いとは言えません。これらのことからスイカは水分量が多くてエネルギーが少ないと言うことができます。普段お菓子を食べている人はおやつをスイカに変えることでダイエット効果を期待することもできるでしょう。

スイカが腎臓に悪いって本当?

スイカが腎臓に悪いという話はあまり聞かないかもしれません。それよりスイカは腎臓に良いという話を聞くことが多いでしょう。スイカはカリウムが豊富で利尿作用があり、水分排出でむくみを取って血圧を下げる効果もあります。しかし、このカリウムがアダになるのです。

健康な人はカリウムを排出することができますが腎臓の機能が落ちている人にとっては難しいこと。きちんと排出することができずに高カリウム血症をおこしてしまう可能性もあるのです。腎機能が落ちている人は基本的にはスイカを食べないようにしたほうがいいです。

スイカが糖尿病に良いという話

糖尿病にスイカが良いという話を聞くことは少ないかと思いますが、スイカが糖尿病に良いというのは本当です。スイカに限らず果物全般は糖尿病にとって良い食べ物だということがわかっています。

日本人5万人を5年間追跡したというJPHC研究では野菜や果物をしっかり摂取している人は2型糖尿病保発症リスクが低下したことが分かっています。野菜や果物には抗酸化ビタミン、カロテノイドなどが含まれていて、これが血糖値を下げるインスリンの感受性を高めるのだそう。

ですが、スイカの食べ過ぎには注意が必要です。他にも温州みかんや柿、ブドウやバナナなどは糖質が多めなので食べすぎには注意してくださいね。

参考になったらシェアしてくださいね!

なおと

うつ病の母との暮らしで溜まった鬱憤解消の一つとしてブログをはじめました。在宅ワークしてるので、ネット上の情報に関する個人的意見もつぶやいていきます。

おすすめ