ツインレイのサイレント期間の終わりはいつ?その長さや出会う機会について

ツインレイ

ツインレイはお互いが一つになることを望んでいるのに一定期間離れなければいけないそうで、それが「サイレント期間」と呼ばれています。

ツインレイの統合までには一般的に7つの段階を経るそうです。ここではツインレイのサイレント期間と再会までのプロセスなどについてお伝えしていきます。

サイレント期間の長さはどれくらい?

ツインレイのそれぞれの魂が問題や課題に取り組む期間はさまざまで、たった数日のケースもあれば数年間という期間を必要とするケースもあります。

人にとっては数日と数年の違いは大きいものですが、宇宙全体の時間の流れから見るとほんの一瞬。魂レベルで考えると時間はあってないようなものと思いましょう。

広告

サイレント期間が無い場合も

ツインレイカップルの中にはサイレント期間が無いケースもあります。それぞれのツインレイがお互いの課題を完了している場合はサイレント期間が無いか、ごく短時間のサイレント期間で済む場合があるのです。

こういうケースでは2つの魂の波動がかなり近いケースであり、心理的ディスタンスもごく短期間。つまり、魂の修行が完了しているのです。

サイレント期間にするべきこととは

ツインレイのサイレント期間は相手に会いたいのに会えないというつらい時期。ですが、自身のやるべきことをするべき期間なのでそのことをしっかりと自覚すべきなのです。

今自分がやるべきことに集中し、この期間はツインレイへの執着をなくすことです。いっそのこと忘れてしまうくらいの気持ちでいることが重要です。

逆に言えば相手のツインレイに会いたいという気持ちを無くした瞬間がサイレント期間の終わりとも言えます。

広告

ツインレイの男性と女性には違いがある

ツインレイには男性と女性の違いがあります。男性側をランナーと呼び、女性の方をチェイサーと呼びますが、男性側のランナーは自分の課題を本能的に理解していて、ツインレイとの関係から離れていきます。

逆に女性側のチェイサーは相手のランナーへの思いを高ぶらせてしまうことが多く、自分本来の課題から気をそらしてしまいがちになります。

先ほどお伝えしたようにサイレント期間はあくまでも魂の修行期間。この時期は自分の課題に取り組むように意識しなければなりません。

サイレント期間の終わり

サイレント期間の終わりはある日突然やってきます。その前兆の一つにツインレイの夢を見るというものがあります。これは無意識に自分の課題の終了、ツインレイとの出会いを感じ取っていると思われます。

サイレント期間が終わると覚醒と調和の段階に入ります。この段階に入ると確信的な安心感や大きな愛を感じられるようになり、その後生涯をともに過ごすこととなるでしょう。

参考になったらシェアしてくださいね!

なおと

うつ病の母との暮らしで溜まった鬱憤解消の一つとしてブログをはじめました。在宅ワークしてるので、ネット上の情報に関する個人的意見もつぶやいていきます。

おすすめ