バリウム検査は何歳から?前日の準備やその後の食事、拒否できるのかなど

バリウム

バリウム検査は何歳からなのか調べてみた

バリウム検査って何歳からするものなんでしょう?私は40歳から行うものだと思ってましたが、調べてみるとそうでもないことがわかりました。バリウム検査は多くの人が嫌がるものですが、健康診断の中に含まれているのでなんとなく受けていたんですよね。

健康診断の中にバリウム検査が含まれるようになるのは一般的に30代からなのだそうです。その理由は十二指腸潰瘍が30代から40代の人に多いからだそうで、地域の組合健保や健康診断を指示する会社が決めているようです。

広告

バリウム検査の前日にすること、検査後の食事について

バリウム検査の前日といってもたいしたことをするわけではありません。検査の前日の夕食は22時までに済ませればいいですし、お茶や水なら当日の朝7時までは飲んでもOKです。

注意が必要なのが糖尿病の人で、糖尿病の方がバリウム検査する場合は主治医と相談して検査を行うようにしましょう。また、タバコの方も検査終了までは吸うことはできません。

検査が終われば普通に食事することはできますが、その前に飲み込んだバリウムを出さなければいけません。下剤を飲んで数時間後に排出されるはずですが、便としてバリウムを出すまでは水分を多めに摂取するようにしましょう。

バリウム検査でわかること

バリウム検査は正式には「上部消化管内視鏡検査」と呼ばれていて、バリウムが食道→胃→十二指腸へと流れる様子を動画で見ることが可能です。その様子を見ることで食道や胃が狭くなっていないか?潰瘍やポリープがないかどうかを調べることができます。

慢性胃炎はよくることで検査で慢性胃炎と診断されても心配しなくていいですが、何度も繰り返す慢性胃炎や胃潰瘍はピロリ菌の可能性もあります。ピロリ菌かどうかを調べるには胃カメラを使った検査が必要になります。

このように何らかの異常が見つかった場合は胃カメラでの検査になるため、バリウム検査は意味ないとも言う人もいます。

広告

定期検診のバリウム検査は拒否できる?

自分から望んでバリウム検査する場合はいいですが、会社の健康診断でバリウム検査がある場合、検査を拒否することはできるのでしょうか?実は、定期健康診断のバリウム検査は拒否することができるんです。

バリウム検査が嫌で拒否する人は多いようで、バリウム検査の代わりに胃カメラでの内視鏡検査にすることができます。実際のところ、バリウム検査よりも胃カメラの方が詳しく調べることができるので、最近はバリウム検査はいらない検査だとも言われています。

 

参考になったらシェアしてくださいね!

なおと

うつ病の母との暮らしで溜まった鬱憤解消の一つとしてブログをはじめました。在宅ワークしてるので、ネット上の情報に関する個人的意見もつぶやいていきます。

あわせて読みたい