マツエク中の美容液の付け方に注意!正しく効果的な塗り方をご紹介

マツエク

マツエク中は正しいメンテナンス、正しいケアが必要です。美容液の付け方にも細心の注意が必要で、正しい付け方を実践することで太くコシのあるまつげにしていくことができます。

ここではマツエク中の美容液の付け方に加え、まつげ美容液の選び方やおすすめのまつげ美容液などもご紹介していきます。

マツエク中の美容液の正しい付け方

マツエクをしている最中には美容液の付け方には注意する必要があります。一番に注意すべきなのは夜の洗顔後に付けるということ。清潔な状態で付けることで美容液の成分をしっかりと浸透させることができます。

美容液の付け方は根本を中心に付けていきましょう。草や花と同じ用に土台に栄養を与えることでより効果を感じることができるでしょう。

また、美容液はマツエクに引っかからない筆タイプやチップタイプのものがおすすめです。美容液の中にはマツエクの接着力を弱めてしまうものもあるので、サロンで付けてもらっている方はおすすめの美容液を聞いておくといいです。

広告

美容液を付ける効果的なベストタイミングは?

マツエクと長く付き合うにはしっかりとしたまつげケアが必要で、そのためには美容液を塗るタイミングも重要です。

髪の毛と同じように毛根に皮脂や汚れが詰まっていると美容液が浸透しにくくなります。美容液の成分を浸透させるためには毛根の周りがキレイで毛穴が開いているタイミング、クレンジング後で毛穴が開いている風呂上がりが一番良いタイミングです。

お肌のゴールデンタイムは22時からですので、このタイミングで美容液を付けるのがもっとも効果的です。

美容液の間違った使い方

美容液は毎日コツコツ続けなければ十分な効果は得られません。1日くらい忘れてもかまわないと考えず、毎日コツコツと続けていきましょう。

ただ、毎日続けていればいいというものでもありません。たっぷり付けすぎると逆効果で、場合によってはマツエクが外れてしまうこともあります。毎日適量をコツコツ続けるのが効果的な付け方です。

また、一つの美容液を長期間使い続けるのもNGです。食べ物に賞味期限があるように美容液にも効果的に使える期限というものがありますから、長くても2、3ヶ月ごとに新しいものに買い換えるようにしましょう。

広告

マツエクを長持ちさせるポイント

最後にマツエクを長持ちさせる3つのポイントを紹介しておきます。マツエクはグルーで接着しているので水分を嫌います。ですからまつげは常に乾燥させておきましょう。まつげにひっかからないティッシュで拭いたり、ドライヤーで乾かすようにするといいです。

2つ目のポイントはクレンジングにはオイルフリーのものを使うこと。マツエクは水分と同じく油分を嫌います。ですからオイルフリーやオイルカットと書かれた美容液を選ぶようにします。

3つ目のポイントはなるべくまつげに触らないようにすることです。エクステは何かに引っ掛けたりして簡単に取れてしまう可能性があります。就寝時はまつげを意識することはできませんが、うつ伏せで寝てしまわないように注意してください。

このようなポイントに気をつけることでマツエクを長くキレイな状態に保つことができるでしょう。

参考になったらシェアしてくださいね!

なおと

うつ病の母との暮らしで溜まった鬱憤解消の一つとしてブログをはじめました。在宅ワークしてるので、ネット上の情報に関する個人的意見もつぶやいていきます。

おすすめ