台湾のプロ野球開幕がうらやましい

野球

台湾ではプロ野球が開幕しました。無観客試合ではありますが、プロスポーツを開幕できたことの意味は大きいと思います。

台湾ではなぜプロ野球開幕できたのか?また、韓国で開催された女子ゴルフツアーについて触れてみます。

台湾プロ野球が開幕できた理由

台湾では4月12日に観客を入れずにプロ野球開幕戦が行われまsた。これは世界に先駆けて「開幕」したプロスポーツとして関心を集めています。

なぜ台湾プロ野球が開幕できたのか?これはひとえに新型コロナウイルスの封じ込めに成功できたからと言えるでしょう。

台湾では4月14日の時点で感染者400人以内、隔離解除数が124人で新規感染者ゼロという日を達成できました。台湾政府による先手先手の対策が功を奏し、プロ野球開幕へとこぎつけましたが、これはすごいことだと思います。

選手の中に一人でも感染者が出れば試合中止となるようですが、その可能性も低いのではないでしょうか。

広告

韓国では女子ゴルフツアーが開幕

韓国でもすでにプロ野球とサッカーが開幕していますが、世界に先駆けて女子ゴルフツアーも開幕しました。韓国では徹底した感染予防対策が講じられ、観客はおらず無観客。選手たちには数十ページにも及ぶ感染対策ガイドラインが配られたそうです。

選手だけでなくキャディーにも問診票を提出の義務付け、プレー前後にはマスクを着用、検温や選手感の距離についてもソーシャルディスタンスを守るよう徹底しています。

この勧告のコロナ対策が成功すれば世界基準となるかもしれず、いま韓国の女子ゴルフツアーが世界から注目されているそうです。

日本では7月中旬の女子プロゴルフ開幕を予定しているとか。韓国を見習って早く開幕をしてほしいものです。

日本のプロスポーツはいつ開幕する?

台湾、韓国に先を越された日本プロ野球ですが、もし開幕するとしたらいつになるのでしょう。

政府は新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言を全国39県で解除することを決定しました。残り8都道府県についても今月中に解除される可能性もでてきています。

いちおう日本プロ野球協会は最短6月19日の開幕を目指していますし、選手たちもそれに向け本格的な練習をはじめてきています。あくまでも最短ではありますが、6月中に開幕することができれば、ファンとしては満足できるのではないでしょうか。

それが、現在中断しているJリーグ再開にも影響してくるでしょう。プロ野球は試合数は少なくなるようですが、Jリーグはリーグ戦をできるだけ消化したいらしく、過密日程がほぼ確実だとか。

ファンとしては試合数が多くなることは嬉しいことですが、選手への負担も多くなりますので、その分怪我も心配です。

あとはバスケットやバレー、ラグビーや卓球などもどんどん再開して、日本のプロスポーツ界を盛り上げていってほしいです。

参考になったらシェアしてくださいね!

なおと

うつ病の母との暮らしで溜まった鬱憤解消の一つとしてブログをはじめました。在宅ワークしてるので、ネット上の情報に関する個人的意見もつぶやいていきます。