手足口病でも熱なしなら登園できる?何日で治る?ぶり返すこともあるのかなど調べてみた

手足口病

手足口病でも熱なしなら登園できるって知ってました?手足口病は完治するまで1ヶ月ほどかかり、ぶり返すこともあるようですから注意が必要です。

手足口病でも熱なしなら登園することができます

手足口病には何日間園を休まなければいけないという基準はありません。各都道府県の医師会やそれぞれの地域ごとに決められていることが多いようです。

登園できるかどうかの大きな目安は熱があるかどうか。食事ができるかどうかがだいたいの目安になります。口の中に発疹ができてて食事が食べられない場合は登園は控えたほうがいいでしょう。

手足口病になった後、登園するためにはお医者さんに登園許可書を書いてもらうことが必要な場合もあります。500円程度で書いてもらえます。

広告

手足口病を完全に治すためには1ヶ月程度かかる

手足口病という病気は3日から6日ほどの潜伏期間があり、その後に手のひらや口の中に発疹ができたりします。38℃ほどの微熱があることもありますが、発疹は一週間ほどでなくなります。

発疹がなくなり食事ができれば登園できるようになりますが、その後2周間から4週間ほどは便からウイルスが排泄され続けますから、オムツをしているお子様が手足口病にかかった場合は注意が必要です。

手足口病がぶり返すこともあります

手足口病は一度かかってしまえばもうかからないというわけではなく、再度ぶり返すこともあります。手足口病というのはエンテロウイルス感染症で、エンテロウイルスには色んな種類があるため再発を繰り返し何度もぶり返す可能性もあります。

感染経路は飛沫感染、接触感染、糞口感染がありますので、再発予防のためにはパパ・ママの感染予防対策が必要となります。保育園からの帰宅後はうがい・手洗い・手消毒をしっかり行い、お子様が来ていた服はすぐに洗濯するようにしましょう。

広告

手足口病で熱下がらない場合は?

手足口病による発熱は1日から3日ほどで下がることがほとんどですが、高熱が2日以上続く場合はお医者さんに診てもらいましょう。高熱が続く場合は合併症の可能性もあります。38℃から40℃の熱があり、頭痛、痙攣、嘔吐や意識障害があればすぐにでも病院へ行きましょう。

手足口病に効果的という薬はないので、熱が出たら安静にして身体をゆっくりと休めることができる環境を整えてあげます。脱水症状にもなりやすいので水分摂取も大切です。

高熱が辛いという場合は解熱鎮痛剤を使ってもいいですが、市販薬を使用する場合は薬剤師に相談してください。高熱が2日以上続く場合だけでなく、息が荒かったり呼吸がしづらいようならば迷わず病院を受診するようにしてください。

参考になったらシェアしてくださいね!

なおと

うつ病の母との暮らしで溜まった鬱憤解消の一つとしてブログをはじめました。在宅ワークしてるので、ネット上の情報に関する個人的意見もつぶやいていきます。

あわせて読みたい