缶コーヒーの温め方は湯煎が一番!その他レンジを使った方法や便利グッズなど

缶コーヒー

寒い冬の時期に飲む温かい缶コーヒーはからだを真から温めてくれますよね。自動販売機で買ってすぐは手を温めたりカイロ代わりに使ったりして・・、飲む時になると冷えてしまう。。そんなことって無いですか?

こだわりのある方はぬるかったり冷たくなった缶コーヒーなんて飲みたくないですよね。そこで、缶コーヒーはどうやって温めるのがいいのか調べてみました。とても危険な温め方もあるので今日の記事はぜひとも読んでほしいと思います。

缶コーヒーをレンジで温める方法について

缶コーヒーを直接レンジで温めるのはとても危険です。その理由は電子レンジで金属を温めてはいけないからで、もし金属を温めてしまった場合は金属が電磁波を反射して電子レンジが壊れる可能性があるそうです。

では缶コーヒーを電子レンジで温められないのかというとそうではありません。電子レンジにかけても大丈夫な容器があるのですが、その名を「HOTす~る!」といいます。原理的には湯煎と同じ原理になるのですが、手間をかけずに缶コーヒーを温められるのでおすすめです。

広告

缶コーヒーを温める方法は湯煎が一番です

電子レンジは便利な家電ですが使い方を誤ると大変危険です。そんな心配をせず安全に缶コーヒーを温める方法が湯煎です。

鍋の中に缶コーヒーがすべて浸かるくらいの量の水を入れ、沸騰させて火を止め蓋をしておきます。5分から10分程度でしっかり温まりますので、お好みの熱さまで温めてから飲みましょう。

注意点としては火をかけたまま忘れてしまうと破裂する危険性があるということです。ですから念の為火を止めてから缶コーヒーを入れ、予熱で温めたほうがいいでしょう。

電気ポットでも湯煎できる

温度調整できる電気ポットがあれば缶コーヒーを湯煎して温めることができます。

①電気ポットの温度を60度から65度程度にして保温状態に

②缶コーヒーを中に入れて5分ほど放置

これだけで温かい缶コーヒーのできあがり。古い電気ポットだと沸点近くでしか保温できないこともあるので注意してくださいね。

広告

缶コーヒーを温める家電がある?

自動販売機で買った缶コーヒーを後で温める場合、家にいるなら湯煎という方法で温めることができますが、出先ではそうはいきません。そんな時に活躍するのが保温対応車載ドリンクホルダーや紙コップウォーマーです。

保温保冷対応車載ドリンクホルダー シガーソケット 車用 12V車専用 車中泊 ペットボトル・アルミ・スチール缶対応 ブラック カップホルダー ドリンククーラー ドリンクウォーマー カー用品

キャンプやバーベキューなど外出先で温かい缶コーヒーを飲みたくなった場合、冷たい缶コーヒーを温めることは難しいかもしれません。ですが保温対応車載ドリンクホルダーがあれば誰でも缶コーヒーを温めることができます。

冷たい缶コーヒーが温まるまで時間がかかりますが、十分温めることができます。短時間で温めることができるハイスペックタイプもあるので気になる方は探してみてください。

USB電源を利用できる環境であればUSB紙コップウォーマーも使えます。冷たくなった缶コーヒーを温めるまでにはそうとうな時間がかかるでしょうが、常に飲み頃温度を保つことができます。

エントリー&楽天カードポイント10倍!【送料無料】USB紙コップウォーマー あったか紙カップウォーマー2 保温カップ サンコー USBCUPW2 ホットドリンク コンビニコーヒー 缶コーヒーの保温に

常に保温して缶コーヒーを温かい状態に保つ

缶コーヒーを温める方法とは趣旨が変わりますが、缶コーヒーを常に保温状態にしていつでも温かい缶コーヒーが飲めるようにすることもできます。それを実現してくれるのが缶ウォーマーです。

コンビニのレジ横にある箱型の装置は目にしたことがあると思います。熱いお茶や缶コーヒーを入れたあの箱です。

【 1年保証 】日本ヒーター CW54-R3 電気 缶ウォーマー 3段 350ml/30本収納【 業務用 缶ウォーマー カンウォーマー CANウォーマー ペットボトルウォーマー ペットウォーマー 缶コーヒー ペット ボトル ウォーマー 】

1本2本を温めるだけなら高い買い物になりますが、個人でも買える値段じゃないですか?1日に2、3本温かい缶コーヒーを飲むという缶コーヒーマニアにはもってこいのアイテムだと思います。

もう少し小さいものがほしいという方にはこんなものもあります。

エスアイエス(SIS) 缶ウォーマー ブラック 31.5×34.5×22cm 【お部屋やレジャー車にも】 BL-108A

これはちょっと高級な保冷庫というものになりますが、350mlアルミ缶が8本入ります。キャンプやバーベキューなど出先で自分専用として利用するなら十分な容量だと思います。

参考になったらシェアしてくださいね!

なおと

うつ病の母との暮らしで溜まった鬱憤解消の一つとしてブログをはじめました。在宅ワークしてるので、ネット上の情報に関する個人的意見もつぶやいていきます。

おすすめ