FNS歌謡祭2020の公式報道はこちら|出演者や再放送など知り得る範囲で情報収集してます

FNS歌謡祭

8月26日は待ちに待ったFNS歌謡祭2020夏。今回のMCも永島優美さんに嵐の相葉くんといういつもの二人。先ほど第1弾出演者発表もありましたが、公式に発表、報道されているFNS歌謡祭に関する情報を集めて公開していきます。

FNS歌謡祭2020夏の第1弾出演者発表

先ほどフジテレビの公式サイトでFNS歌謡祭の第1弾出演者発表がありました。発表された出演者は以下の通り。

・AI
・絢香
・嵐
・瑛人
・AKB48
・official髭男dism
・倖田來未
・さだまさし
・ジャニーズWEST
・JUJU
・鈴木雅之
・高橋真梨子
・DA PUMP
・TUBE
・ナオト・インティライミ
・乃木坂46
・Perfume
・V6
・Hey! Say! JUMP
・三浦大知
・森高千里
・森山直太朗
・LOVE PSYCHEDELICO
・Lisa
・Little Glee Monster

広告

上白石萌音はFNS歌謡祭2020夏に出演する?

第1弾出演者発表では上白石萌音さんの出演はありませんでしたが、きっと出演は濃厚だと思います。私個人の感覚ですが、世の中で上白石萌音さんがFNS歌謡祭に出演するかどうかを気にする人が多いと思うのです。この世論をフジテレビ側は受け取ってくれると思うので、私は上白石萌音さんはFNS歌謡祭に出演すると思っています。

実際、上白石萌音さんはFNS音楽特別番組2020に出演してますからね。その時は「なんでもないや(movie ver.)」を歌っていました。ドラマ「恋はつづくよどこまでも」で女優としての認知度も上げた彼女ですから、もし出演できないとなったらフジテレビへのバッシングはかなりのものになるでしょうね。

FNS歌謡祭2020夏公式サイトの主な情報

FNS歌謡祭2020夏の公式サイトを見ると、現時点で公表されている情報はTwitterの第1弾出演者発表とTwitter公式アカウント、Instagram公式アカウントくらいですね。

このブログではFNS歌謡祭2020夏の新しい情報が公開され次第、随時更新していくつもりでいます。FNS歌謡祭は去年も一昨年もありましたから、それらの流れを参考にしながら気になる情報をお伝えしていきますね。

広告

FNS歌謡祭2020夏の視聴率と再放送について

FNS歌謡祭2020夏の視聴率については前回2019FNS歌謡祭を参考に挙げてみると、第一夜が平均視聴率14.1%、第二夜の平均視聴率が10.8%となっていました。この数字は2018年、2017年と比べて低いもので、ネットでは2週に分けるようになってから魅力がなくなったという声もあります。

やはり2周連続になってからは2週目の視聴率はだだ下がりで、やる意味が分からないですね。その点、今回のFNS歌謡祭2020夏は8月26日のみの一回だけの放送なので視聴率にも期待が持てることでしょう。来年のMCが誰になるのかも気になります。

再放送の予定は分かりませんが見逃し配信の可能性があるとすれば動画配信サービス「フジテレビオンデマンド」でしょう。月額900円ほどの料金がかかりますが、最初の1ヶ月は無料で観れるので、もし見逃した場合でも安心です。

FNS歌謡祭の歴代司会者

FNS歌謡祭の歴史はけっこう古く、今回で46周年を迎えるみたいです。第一回の司会者は小川宏さんと吉永小百合さんでしたが、小川宏さんを知らない人はかなりいるでしょうね。

直近の2011年からだと草彅剛&高島彩、2013年の草彅剛&滝川クリステル、2014年草彅剛&高島彩・加藤綾子、2015年から渡部建&森高千里が続き、2019年に相葉雅紀&永島優美となりました。

こうして見ると、その後話題になる人がちょくちょくいますね。結婚した滝川クリステルさんや解散する嵐の相葉くん、多目的の渡部建さんなどそうそうたるメンバー。特に相葉くんは嵐が解散してどうなるのか心配です。

FNS歌謡祭で三浦春馬を観ることはもう・・・

芸能関連の情報にあまり詳しくないので詳細は知らないのですが、不幸出来事で三浦春馬さんをFNS歌謡祭で観ることはできなくなってしまいました。ネットでは三浦春馬は歌が下手とか言われていましたが私はそうは思いません。

FNS歌謡祭で見せた三浦春馬のキンキーブーツなんて最高じゃなかったですか?あの頃の三浦春馬は最高に輝いていました。あの女装姿を本人がノリノリでやっていたことは後で知りましたが、ドラァグ・クイーンぶりには感動させられました。

第二の三浦春馬が誕生することを期待し、多彩でマルチなタレントの発掘を意識しながらテレビを見ていこうと思います。

参考になったらシェアしてくださいね!

なおと

うつ病の母との暮らしで溜まった鬱憤解消の一つとしてブログをはじめました。在宅ワークしてるので、ネット上の情報に関する個人的意見もつぶやいていきます。