mRNAワクチンの仕組みをわかりやすく解説!その歴史や危険性についても

mRNAワクチン

mRNAワクチンは今までになかった新しい仕組みのワクチンなので、どんなワクチンなのか詳しく知っている人は少ないでしょう。従来型のワクチンとどこがどう違うのか?についてわかりやすく詳しく解説してみます。

mRNAワクチンの仕組みってどうなっている?

ファイザー社によるとmRNAワクチンというのはあるウイルスに似たタンパク質を作る情報の一部を体内へ入れ、その情報から作られたタンパク質に対抗する抗体ができることで、あるウイルスへの免疫力をつけるとのこと。

ちょっと難しく感じるかもしれませんが、要は体内で擬似的にコロナウイルスを作り、コロナウイルスに対抗する抗体を作るということです。テレビなどでは設計図を体内に注射するとも言いますが、コロナウイルスへの抗体の設計図を注射するのではなく、体内でコロナウイルスのそっくりさんを作らせ、そっくりさんに対する抗体を作るということなのです。

これまでは生ワクチンや不活化ワクチンを体内へ入れていたのですが、さらに一歩進んだ方法が生み出されたのです。

広告

生ワクチン・不活化ワクチンについて

mRNAワクチンの技術が生まれるまでは生ワクチンと不活化ワクチンが使われていました。生ワクチンというのは実際にウイルスを体内へ入れて、そのウイルスに対する抗体を体内で作らせるという方法。もちろんある程度弱らせたウイルスをごく少量体内へ入れていきます。

これに対して不活化ワクチンというのはウイルスの死骸、ウイルスの断片を体内へ注射し、それに対する抗体を作るという方法です。不活化ワクチンは生ワクチンよりも安全性が高いのですが、若干効果が落ちるという難点があります。毎年行われている季節性インフルエンザにワクチンは不活化ワクチンです。

以上のことからmRNAワクチンはこの中で一番安全性の高いワクチンと言うことができるでしょう。

mRNAワクチンにも歴史がある

mRNAワクチンは急遽生み出された新しい技術と思われてませんか?実はmRNAワクチンは何年も前から研究されていたもので、ここ10年間での特許出願が113件もあり実際にジカ熱や狂犬病の臨床試験も行われているそう。

mRNAワクチンの弱点として挙げられているのが、とても壊れやすいという点。壊れないように脂質ナノ粒子というカプセルに包んで体内へと注射されますが、本当に壊れやすいために低温での保存が必要だったり、振動させないようにしなければいけないのです。

まだまだ開発されて間もないワクチンですから、副反応の起こるメカニズムについては解明されていません。mRNAワクチン摂取により亡くなられる方もいると聞きますが、未だはっきりとした因果関係はわかっていないので、必要以上に心配する必要はないでしょう。

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

参考になったらシェアしてくださいね!

なおと

うつ病の母との暮らしで溜まった鬱憤解消の一つとしてブログをはじめました。在宅ワークしてるので、ネット上の情報に関する個人的意見もつぶやいていきます。

おすすめ