お弁当の作り置きは温め直し必要!?その答えと注意点などをご紹介

お弁当

子供のためとはいえ毎日毎日お弁当を作るのはけっこう大変。そこでお弁当のおかずなど作り置きしている人もいるかと思いますが、温め直ししたほうがいいのかどうか迷ってませんか?実は、多くの場合は温め直したほうがいいとの答えが出ているようです。

お弁当の作りおきは温め直しすべき!その理由とは?

おかずなどを前の日に作り置きしておくと時間を短縮することができてとても便利ですが、そのままお弁当にしてしまうと問題が出てきます。その問題というのが菌の繁殖です。

菌というのは料理を作った後から徐々に発生していくもので、菌が発生しやすいのは10℃を超えたあたりからと言われています。ですから、冷蔵庫に入れてる間は菌の増殖は抑えられても常温に戻した時から菌の活動が活発になっていくのです。

以上のことから前日などに作り置きしていたお弁当の具材は再度温め直す必要があります。再度温め直すことで菌の増殖をある程度防ぐことができます。

広告

お弁当を温め直す時の注意点

お弁当の具材などの作りおきは温め直したほうが良いとお伝えしましたが、では、どの程度温めればいいのでしょう?しっかりと加熱せず中途半端な加熱では逆に菌を増やしてしまうことにもなりかねません

再加熱する温度としては70℃から80℃以上で、熱くて食べられない程度まで加熱してください。また、温め直したからといってすぐに蓋を閉めてもいけません。ゆげが出なくなるまでしっかり冷ましてから弁当の蓋をしめましょう。ゆげが蓋についてしまうと中の具材を痛みやすくしてしまいます。

さらに注意することがあるとすれば、温め直した具材をお弁当へと移す際も素手で触るようなことはせず、清潔なお箸で移すこと。こうすることで少しでも菌の繁殖を抑えることができますから。

サラダや野菜、フルーツなどは再加熱したくなけど・・

弁当に入れるサラダや野菜類、フルーツなどは再加熱したくないという方もいるでしょう。このような冷たい方がいいものは別の弁当箱を用意し、2つの弁当箱に分けることで解決です。

前日に作り置きした弁当の具材は温め直しますが、サラダやフルーツなどは冷蔵庫から出してそのまま持っていけるようにするといいでしょう。

最近は冷凍状態の具材をそのままお弁当に詰めるだけという食材が売られています。このような食材は衛生管理のしっかりした工程で作られているので温め直す必要はありません。冷たいというのを活かして保冷剤の代わりとして使うというのもいいでしょう。

参考になったらシェアしてくださいね!

なおと

うつ病の母との暮らしで溜まった鬱憤解消の一つとしてブログをはじめました。在宅ワークしてるので、ネット上の情報に関する個人的意見もつぶやいていきます。

おすすめ